インフォメーション詳細

インフォメーション

  • ブログ(blog) 刃毀れ包丁を蘇らせよう 3

    刃毀れ包丁を蘇らせよう 3

    2020年05月05日 全工程に30分近くかかりましたが、このように美しく仕上がりました。
    恵比寿#4000で仕上げたので、引くだけですっと切れる気持ちよさです。
    ついでに、弊社砥石を使用した後の切れ味も確認してみました。
    中砥石(今回は剣#400や愛宕#1000)で研いだものは、ストレスなく良く切れます。
    そこに仕上げ砥石を重ねてかけると、スッと気持ちよく切れます。
    吉野#2000を使用しても違いは明確ですが、鍾馗#3000や恵比寿#4000をかけるとさらに洗練された切れ味に仕上がります。
    鍾馗と恵比寿は同様に快適な切れ味に仕上がりますが、恵比寿は原料にジルコンを含みますので、より美しく仕上がります。
    対して鍾馗は、よりシャープな切れ味を提供します。

お問い合わせは電話かメールフォームからどうぞ!
スピーディーにお答えいたします

お電話でのお問い合わせ
075-691-8296 075-691-8296

ページトップへ