研ぎのかたち(プロの技)

研ぎのかたち(プロの技)

様々な研ぎのかたち

様々な刃物があり、それらが作られる原料も色々で、その用途は幅広く、
その上刃物を使う人も違うのだから、砥ぐ方法もいろいろあってよいのでしょう。
もちろん、基本的におさえなければならない点はいくつかあるにせよ、
自分の使い勝手のいいように道具を仕上げるには、その人なりのやり方があり砥ぐことにこれが正解というものはないように思えます。
砥石は、初心者が使うか慣れた人が使うか砥ぐ人の体格:体力など
また、どんなものを砥ぐのかという点でも 良いという基準が変わってきます。
どれが良いというよりは、自分のニーズに合った砥石を使うことが気持ちよく研げる事につながります。
ビトリファイト製法で作った研磨力が高い砥石で、自分の道具を自分仕様にメンテし、快適に使えるようにしませんか。
ここでは、プロの研ぎをご紹介します。
研ぐときのコツとなることがいっぱいあります。

協力:祇園末友 吉瀧修二氏

仕上げたいかたちにもっていくには どう研ぐかを考えながら自身の仕事がはかどる状態に仕上げられています。
短いストロークで丁寧に研いでいくことは、研ぎ初心者にも良い方法です。研いでいる部分をはっきり意識でき、無理のない力加減で研いでいけます。

お問い合わせは電話かメールフォームからどうぞ!
スピーディーにお答えいたします

お電話でのお問い合わせ
075-691-8296 075-691-8296

ページトップへ